小児歯科

小児歯科の治療について

子供たちの虫歯を治すことだけが小児歯科ではありません。子供たちの心や身体は、休むことなく成長しています。
そこで、虫歯や悪い噛み合わせ、歯の交換の異常など正しい成長を妨げる色々な原因を早くみつけ、とりのぞいて、正しい成長へ導いてあげることが必要です。

その第1歩として、私たちとお子様がよりよい関係を作れるように、保護者様のご協力をお願いいたします。
  1. 歯科治療に対してお子様の周囲の方が正しい理解と好意をお持ちください。
  2. 歯の治療をすることは、怖いことではなく健康になることだということを、話してあげてください。
  3. お子様のいらっしゃるところで、歯科治療に関する不快な体験を話したりしないようにしてください。
  4. どんなときでも、こらしめや脅かしに医者や注射という言葉を使わないでください。
  5. お子様を連れていらっしゃるときにうそをつかないようにしてください。
    お子様の不安にかられての質問には「わからない」「先生にきこうね」などと答えてください。
  6. 必要なときには局所麻酔をして、痛みを取り除いてから治療を行います。
    お子様には注射という言葉は使わず「麻酔」といっています。ご協力ください。
  7. 治療が終わったら「よくがんばったね。えらかったね」と、言葉のごほうびと励ましをたくさんあげてください。

小児歯科での予防について

お口の中の虫歯の原因の虫歯菌は、初めからお口の中にいるわけではありません。口移しで食べさせたり、親の箸で食べさせたりしてうつってしまいます。虫歯の無い子に育てるために、赤ちゃんに使う箸やスプーンは赤ちゃんだけのものにしましょう。
もちろん周囲の大人のお口の中がきれいであることが大事です。そのためにも赤ちゃんが生まれてからではなく誕生前から、自分たちの口の中の細菌を減らす努力をしてください。

そのためにも周りの大人は、歯科医院でのケアーはもちろん、日ごろの生活の中で虫歯を予防する積極的な習慣を実践してください。例えば「キシリトール」は、虫歯菌を弱め、虫歯の原因となる酸を作らせない効果があります。食事のあとは、歯磨きにくわえキシリトール入りガムを噛みましょう。

シーラント

「シーラント」は奥歯のかみ合う面(咬合面)にできる虫歯の予防の方法です。あらかじめ、虫歯になりやすい奥歯の溝を歯科用レジンで埋めてしまいます。これは虫歯を削ったとき詰めるものと同類の材料なので安心ですが、やはり歯ブラシが行き届かなければ虫歯になってしまいます。
特に6歳臼歯が生えかけのとき、段差ができて磨きにくいので虫歯になりやすく、シーラントはとても有効です。 もちろんシーラントをしていても定期健診でチェックをしなければ、虫歯になりやすいのはご存知のとおりです。

6歳臼歯は生えてきましたか?!

5〜6歳になると、今までの子供の歯の後ろに大人の歯が生えてきます。
下顎の6歳臼歯は、完全に生えてきて上の歯と噛み合うまでに時間がかかります。前の歯と段差ができてしまうこの時期が最も虫歯になりやすいのです。
子供だけではなかなか完全な予防は難しいものです。そこで
  1. まず、6歳臼歯の生え始めを見逃さないようにしましょう。
    そしてお子さんに教えてあげてください。
    「この歯は大人になってもずっと使う大事な歯で、食べるときにもとても力がかかるから虫歯にならないようにがんばろうね」
    子供のときに聞いた話は案外覚えているものですし、ただ、みがきなさいというより、なぜ磨かなければいけないのか話せば、子供自身の磨き方もかわってくるかもしれません。
  2. 歯ブラシの仕方を変えましょう。
    • 一番奥まで届いているか、鏡で確認しましょう。
    • 前の歯と高さが違うことを意識しましょう。
    • 歯ブラシを横から入れると磨きやすくなります。
    • 虫歯になりやすい場所は中央の溝と頬側の溝です。
  3. 時々、染色剤や染色剤の入ったペーストで磨きましょう。
    歯も白、汚れも白なので磨き残しを目だけで確認するのは難しいものです。
  4. 定期的に歯医者さんでチェックをしてもらいましょう。
    そして、できればフッ素を塗ってもらいましょう。
  5. 上下の歯が噛み合わさり、虫歯の危険が少なくなるまで虫歯になりやすい溝を、フッ素の入ったシーラントで埋めましょう。
●藤関歯科医院 [浅草東京都台東区浅草1-22-1103-3841-8410
●藤関歯科医院 [森下東京都江東区森下4-6-503-3846-1876
●藤関歯科医院 [神田東京都千代田区神田須田町1-2-103-5297-8218