インプラント治療について

インプラントの歴史

 1952年にスウェーデンの医学博士ブローネマルク教授によって偶然に発見されたチタンと骨の結合。この発見を歯科医療に応用するために、その後約13年に渡る研究開発を行い1965年に現在の主流となっているオッセオインテグレーション(骨結合型)タイプインプラントが全世界に発表されました。

 世界で最初にこのタイプのインプラント治療を受けた患者さんは、40年が経過した現在問題なく機能しているそうです。
 これまでに世界中で行われたインプラント治療の経過は良好であり、現在では歯科治療の1つとして欠かすことのできない治療法となってきました。

インプラント療法は歯の健康を取り戻すことができる最良の治療法です。

 インプラント治療は、一度失ってしまった大切な歯を機能的・審美的に天然歯と同等に回復させることができる唯一の治療法です。

 当院では、最新の治療システムによる精密検査や適切な診断を元にした最良の治療計画を立案し、臨床経験豊富なインプラント専門医が治療を行います。
 一般的に骨量の不足から非適応症とされている難症例でも対応可能な場合がありますので、まずはご相談ください。

歯科材料について

インプラントの材質はなにでできているかご存知ですか?
いまやロケット、航空機等のハイテク分野から、最近は眼鏡フレームやスポーツ用用品など身近なものにまで用途が広がっているチタンが使われています。チタンは軽くて丈夫な上に、生態親和性にすぐれ体に害を与えない金属だということが言われています。

安全・確実なインプラント治療のために

 現在のインプラント治療は、科学的に実証された安全・確実な治療法です。
 当院では、インプラント治療の応用範囲を更に広げ、あらゆる症例に対して治療を可能にするために、エアカーテン式のクリーンルームをはじめとした最新の医療機器を導入しています。
さらに、患者さんの精神的・経済的・時間的負担を極力軽減できる様々な治療システムを導入しています。

 現在のインプラント治療は、過去のインプラント治療における失敗症例の原因解明が進み、治療法の改善や治療器具、検査システム、素材の向上などによって更に成功率が高くなっています。そして、インプラント開発当初の目的であった咀嚼(そしゃく)機能を中心とした口腔機能の回復はもちろん、現在では審美性の回復にも重点がおかれる傾向にあります。
 さらに、抜歯後すぐにインプラントを埋入する術式や、埋入後即時あるいは早期に噛めるようになるような術式など、患者さんの負担をできる限り減少させる治療法が確立されてきました。

歯科用CT
インプラント治療に最も必要なのは、インプラント埋入部位の骨量です。骨量が不足している方の場合は、他の部位からの骨移植や人工骨組織の補充でほとんどの方に治療を受けていただくことが可能です。さらに、CTなどでより精密な診断を行うことで、移植などを最小限に抑えて状態の良い理想的なポジションにインプラントを埋入することが可能です。

徹底した衛生管理

 空気中の細菌感染を防ぐ、クリーンルームに設置された空気清浄システムによる徹底した衛生管理でインプラント手術を安全・確実に行うことが可能になります。

●藤関歯科医院 [浅草東京都台東区浅草1-22-1103-3841-8410
●藤関歯科医院 [森下東京都江東区森下4-6-503-3846-1876
●藤関歯科医院 [神田東京都千代田区神田須田町1-2-103-5297-8218